2013年11月22日更新

11月10日(日)~金川信江 木陰のギャラリーコンサート~クラリネット ソロ

心配された雨は降らず、曇りながらもタイトルに添うように木洩れ日も差し込み、その中で金川さんがクラリネットを独奏されました。

インターバルにはその曲の歴史や背景など興味あるトークも交えて満席のお客様は大変ご満足の様子でした。

木洩れ日の中での熱演

木洩れ日の中での熱演

興味深いトーク

興味深いトーク

s-DSC00495

2013年11月4日更新

5人の女性による素敵なイベント  ~11月2日、3日~

深まり行く穏やかな秋の2日間、5人の女性による人の5感に訴える展示会が催されました。

視覚と触覚にはジュエリーを、味覚と臭覚にはワインとお菓子を、そして聴覚にはバロック音楽が披露されれました。

ご来館のお客様はそれぞれを十分堪能されパーテイでも和気藹々と楽しまれたご様子でした。

 

s-DSC00452s-DSC00450s-DSC00448

2013年10月20日更新

ギャラリーで楽しむバロックの午後  10月19日(土)

2本のリコーダとチェンバロによって18世紀フランスの宮廷音楽が再現されました。

当時のスタイルの楽器による音色がギャラリー内の吹き抜けに響きわたり、目を閉じると

一瞬タイムスリップしたかのような錯覚におちいるほどでした。

とっぷりと日が落ちた第2部

とっぷりと日が落ちた第2部

リコーダの渡辺清美さんによるトークも興味をそそりました。

リコーダの渡辺清美さんによるトークも興味をそそりました。

ぴったり息の合ったトリオ演奏

ぴったり息の合ったトリオ演奏

2013年10月20日更新

お会式 ~雑司が谷鬼子母神~

10月16日から3日間、当ギャラリーに程近い雑司が谷鬼子母神恒例の秋祭り「お会式」がありました。

「お会式」は江戸時代から伝わる日蓮上人の忌日行事として毎年地域全体の人々が待ちわびる伝統的な大祭となっています。

当日は、白い和紙の花を一面に付けた、高さ3~4メートルの「万灯」を掲げて、団扇太鼓を叩きながら鬼子母神まで練り歩きます。たくさんの人々が一緒になって供養のお練りをするその3日間は、静かな雑司ヶ谷の街一帯に、太鼓が響き渡り、参道は露店で大にぎわいとなります。

威勢の良い若者たちが競って振り回す纏(まとい)

威勢の良い若者たちが競って振り回す纏(まとい)

 

400年以上の歴史がある鬼子母神堂

400年以上の歴史がある鬼子母神堂

 

夜に浮ぶ幻想的で美しい「万灯」

夜に浮ぶ幻想的で美しい「万灯」

s-DSC00420

2013年7月11日更新

7月7日(日) 春原恵子 アカペラコンサート

今から1000年前、中世ドイツに生まれ、後にライン河の巫女と謳われた修道女、聖ヒルデガルト フォン ビンゲンについてのお話と、それのまつわる祈りの歌を春原恵子さんが熱唱されました。

途中、天候が急変して雷鳴がとどろき一瞬会場が幻想的な雰囲気につつまれました。

2013年5月29日更新

5月29日(水) アメリカからのお客さま

アメリカの女子学生さんたちが当ギャラリーと併設のApartment鶉を見学に来ました。

皆さんは近くの日本女子大学の寮に滞在して興味ある建築を見学しているそうです。

都心にありながら緑と水に囲まれた当ギャラリー&アパートメントには大変興味を示されました。

アパートメントの1室

庭を散策

ギャラリー内で

2013年5月18日更新

5月17日(金)
朗読 「つむぎの会」

著名な文学作品を朗読で表現する「つむぎの会」主催の朗読会が五月晴れの中、開催されました。

朗読の他にもフルートのデュオによる演奏も披露され多数のお客様が会を堪能されました。

 

 

2013年4月29日更新

4月28日(日)佐藤亜紀子 イギリスのリュート音楽

新緑と心地良い風の中、佐藤亜紀子さんがルネサンスリュートの独演と

それにまつわるトークをご披露されました。

また、ブレークタイムにはお客様が庭で新緑を満喫されていました。

2013年4月1日更新

リコーダーとリュートによる古楽の調べ vol.2 3月31日(日)

リコーダの柿原順子さんとリュートの金子浩さんが満開のシダレ桜をバックに熱演されました。

満席のお客さまも美しい音色と桜に大変満足されました。

2013年2月10日更新

J.オトテール没後250年記念コンサート   ~フランス・バロックの妙なる世界~2月23日(土)

リコーダー、その古の姿をたずねて Vol. 4

オリジナル楽器の忠実なコピーにより、
300年前の音色が現代によみがえる!

2013年2月23日(土)  

 昼さがりの部   13時開演
    夕方の部    16時開演

-出演-
野崎剛右(リコーダー)
国枝俊太郎(リコーダー、フラウト・トラヴェルソ)
西谷尚己(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
佐藤亜紀子(リュート)

*PROGRAM*
オトテール : プレリュードの技法より
トリオ・ソナタ 変ロ長調 op.3-6、ニ短調 op.3-3
組曲  変ロ長調 op.6
ノード : トリオ・ソナタ ハ長 調 op.2-5
ドルネル : トリオ組曲 ト短調
etc…

入場料 ¥3,000(当日¥3,500 学生¥1,500)
※40席限定。満席になり次第販売終了とさせていただきます。お早目のご予約をお願いいたします。

チケットのご予約・お問い合わせ

パオの音楽事務局 TEL. 090-9669-6446 ( 野崎 )
E-Mail. arcangelo4989@yahoo.co.jp
(上記連絡先へ、お名前と連絡先、御希望の人数をお知らせください。追ってご連絡させていただきます。)